ストレスやイライラを沈める

アロマテラピーとは植物の作用を利用して、心と身体のトラブルを改善する自然療法です。

 

「アロマ」は香り、「テラピー」は治療と訳され、かつては「芳香療法」と言われてましたが、現在は「アロマテラピー(セラピー)」という表記でほぼ統一されています。

 

とは?

 

植物の香り成分は、人の心をリフレッシュさせたり集中力を高めたりと、本来の人間が持つ自然治癒力を高めてくれる働きがあります。

 

植物のエッセンシャルオイル(精油)を用いてリラクゼーションを楽しむことで、身体や精神の不調を改善したり健康を維持したりなど、ホリスティック(全体的)な自然療法を行なっていきます。

 

テラピーとセラピーの違い

巷では「アロマテラピー」と「アロマセラピー」の二つの言葉が使われています。
この違いは一体何なのか?と言うと、これは単にイギリスとフランスの発音の違いなだけなのです。

 

イギリスの発音では「セラピー」となり、フランスでは「テラピー」となります。
どちらも同じ「療法、治療」と言う意味です。

 

心のトラブルにも活用

他にも心のセルフケアとしてもとても有効な療法です。
心にトラブルが長引くと、身体にも様々な問題を引き起こしかねません。

 

精神的なストレスは自律神経を乱してしまいます。
そのため食欲不振や不眠、動悸、うつ症状などを起こしてしまう可能性があるのです。

 

そんな時はアロマを活用しましょう!
精油の心地良い香りは、このような心身のトラブルに対して、元気にしたり心を落ちつかせたりする作用があります。

 

自分の心の状態を見ながら、精油の香りを使い分けるなどしていくと、非常に高い効果を発揮することがわかっています。
アロマテラピーをセルフケアとして活用していけば、快適な日々を過ごすことができると言うことですね。

 

ぜひ、アロマディフューザーなどを利用して、香りを生活に取り入れてみてください。

 

ストレス解消してイライラを取ろう!

身体の痛みやかゆみといった肉体的な不調と同時に、それに伴う精神的なストレス(イライラなど)を取ることができます。

 

他にも緊張を取り除いてくれたり、リラックスさせてくれたり、怒りを静めてくれたり、憂うつな気持ちを元気に明るくしてくれたりと、心理的な作用を非常に多く持っています。

 

ホルモンのバランスを整える効果

また、身体の表面上や精神のバランスを整えるだけではなくて、内臓の働きやホルモンのバランスを整えてくれたりもします。

 

他にも、お肌トラブルや肥満、冷え性、便秘などにも、身体の奥からアロマテラピーは働きかけてくれます。

 

このようにアロマテラピーのメリットは、精神的なストレスから身体的な不調まで、広範囲にわたり私たちに良い影響を与えてくれます。

 

アロマで心身バランスを整える

 

ですから「どこかに不調を感じている方」は、ぜひこのメリットを活用してくださいね。

 

心地よい香りで快適な日々

つらい肩こりや不眠、花粉症、腰痛、風邪によるのどの痛み。
病院に行くほどではないですが、上記のような症状がある日は通常の生活するのも辛くなりますよね。

 

こういう時にもアロマテラピーを使うことで改善される可能性があります。

 

例えば、バスタブの中に精油(エッセンシャルオイル)を入れて入浴したり、部屋の中に香りを漂わせる芳香浴をしたり、トリートメント(マッサージ)をしたり。

 

これらを行うことで、香りを使って気になる不快感を上手にコントロールすることができるのです。
アロマテラピーを自分なりにマスターすると、もっと人生を快適に過ごせるようになりますよ!