火を使わない超音波タイプだから安全

ラサーナのアロマディフューザーは、これまでの定番だった、

  • キャンドル
  • アロマポット
  • ランプ

とは違って、火や熱を使用することがありません

 

これまでの火を使って香りを拡散させる商品だと、火事の危険性があった為、眠りながら使うということができず「もっとヘビーにたくさん使いたい!」という方にとっては不便な点がありました。

 

アロマディフューザーは、その悩みを簡単に解決してしまう非常に画期的な商品だと言われています。

 

それでは、どうやって精油の香りを部屋中に拡散させて、ミストを出すかというと「超音波」を使う仕組みになっています。

 

火を使わない

 

超音波とは?

アロマディフューザーは「香りを超音波で拡散したりミストを出す」っていうけど、それはどういう意味なの?
と思われる方もいるかもしれません。

 

これは、正しく説明するならば、超音波で水から霧(ミスト)を発生させることにより、その霧を吹き出すことで、部屋中に香りを広めていくのですね。

 

具体的には、超音波の力によって1秒間に100万回以上の振動を起こし、精油がまざった水から細かなミストを発生させているのです。

 

そして、後はミストを勢い良く吹き出してあげれば、あっという間に部屋が香りで包まれていきます。

 

これならば火の心配もありませんので、これまでのアロマツールを使えなかった多くのご家庭や場所でも使用することができると思います。

 

オフィスや店舗での利用も、大変増えてきているらしいですよ。

 

火を使わないメリット

先ほど「火事の心配がない」「睡眠時にも使える」という利点をあげましたが、他にも「精油本来の香りを楽しむことができる」というメリットがあります。

 

100%純粋な精油(エッセンシャルオイル)の場合、火や熱で温められることで、本来の気持ちの良い香りが失われてしまうと言われています。

 

本格的にアロマでリラックスしたり、楽しんだりする為には、本当は火や熱で精油を熱しない方が良いのです。

 

ですから、それらを使わずに安全に香りを広めてくれるディフューザーは画期的であり革新的な商品と言われているのです。

 

ちなみに、これまでのアロマキャンドルやポット、ランプは火や熱を使用するため、ヤケドの心配や火事にまで気をつけなければなりませんでした。

 

眠っている時、または小さなお子様がいる部屋では、細心の注意を払いながらの使用になっていたので、少し面倒だったんですよね。

 

これから購入される方は、ぜひアロマディフューザーを検討してみてください。

 

そして、そうなってくると家の中での置き場所に関して、選択肢が一気に広がってきますよね。
楽しみ方も広がってきます!

 

家のどこに置けばいいの?

「他の使っている人は、家のどこに置いて、どのように使っているのかな?」ということも気になりますよね。

 

もちろん、使いながら自分なりに使用方法も置き場所も決めていけば良いのですが、あらかじめ予習をしておいても良いと思います。

 

基本的には、火や熱を使わない超音波式なので、火事やヤケドの心配がなく、どこに置いて使っても大丈夫なようにできています。

 

置き場所のおすすめは?

アロマディフューザーの置き場所(使う所)は、どこに置いても問題ないと言ってもいいかもしれません。

 

そんな前提の中で、皆さんがよく使われている場所をご紹介したいと思います。

  • リビング
  • 玄関
  • 寝室
  • 仕事場(オフィス)
  • 車内

など、多くの場所で使用されています。

 

キッチンが入っていないのが意外ですね。料理の匂いとまざってしまうので、台所ではあんまり人気がないみたいですね。

 

リビングでの使用

リビングで「少しホッとしたいな」と思った時に、ラサーナ アロマディフューザーを使用してみましょう!

 

精油の心地よい香りが広がって、ホワッとする気持ちを持つことができますよ。

 

家族で団らんしている時にも、アロマが香っていると優しい気持ちになってくるので、家族関係も良くなりそうですね。

 

8〜10畳分の広さのお部屋でしたら、楽に香りを満たすことが可能です。

 

玄関

玄関は、靴や雑菌、ジメッとした湿気の臭いがコモりやすい場所でもあります。

 

特にお客様を迎えたりする時は、やはり臭いと思われるのは嫌ですし、できるならば良い香りをお届けしたいですよね。

 

ラサーナは玄関に置いても問題なく使えますので、お客様にもエッセンシャルオイルの香りをお届けしてあげてください。

 

寝室

アロマポットやランプでは火事の心配があったために、使うことができなかった寝室ですが、火や熱を使わないディフューザーでしたらその心配もないので気軽に使用できます。

 

お休み前にエッセンシャルオイルの香りで安らかな気分になってから、1日の嫌なことやストレスを忘れてしましましょう!

 

車内での使用

シガーソケットから電源を供給する必要があるため、電源を変換する商品が別途必要になりますが、その問題さえ解決できれば車内での使用も可能です。

 

家族や恋人と車でお出かけの時には、車内で香りを楽しむ事もできます。

 

ここで紹介されていなかった場所でも、まだ使い勝手があると思いますので、自分だけのアロマディフューザー活用方法を開拓してみてください!